北海道でしか味わえない、新鮮な海の幸!

北海道で食べるべき海の幸

北海道のイメージとして強いのはいくらでしょう。イクラをたっぷり乗せたいくら丼は北海道の海の幸としては有名です。いくらと鮭を合わせた親子丼なども北海道ではメジャーな食べ物です。新鮮なうにも北海道に行ったら一度は食べておきたい海鮮になります。新鮮だからこそ味わえるうにの味は生で食べると格別に美味しいです。北海道でよく食べられているものにボタンエビというものもあります。ボタンエビの身は甘くそれだけでも贅沢ですが、これに加えて卵も一緒に食べることができるのは北海道だけかもしれません。北海道で忘れてならないのがかにです。カニの種類も様々ありますので、好みに合うカニを見つけるといいでしょう。カニは生で食べることができるほど新鮮です。

北海道の海の幸を使った料理

生のまま食べても美味しい海の幸を北海道の人は、ひと手間加えてさらにおいしく食べるコツを知っています。ルイベという料理は凍った魚を冷凍のまま食べる料理です。鮭などが有名で、生とは一味違う食感と味です。他には石狩鍋などは北海道の美味しさを詰め込んだ料理と言えます。鮭のあらや骨からだしを取り、昆布だしを加えて味噌で煮込みます。体がポカポカする暖かい料理です。カニの甲羅焼なども北海道ならではの料理です。甲羅の中にカニ味噌を入れ、煮えてきたらカニの身をつけて食べます。カニの身のみを食べるよりも濃厚で、カニの美味しさがもっと味わえます。ザンギという鶏のから揚げも有名ですが、北海道ではタコのから揚げも有名です。タコも美味しく食べる方法を北海道の人は考えてしまうのです。

函館旅行では、地元の名産品を扱う店舗を訪れてショッピングを楽しめる他、様々な名所も巡れるため、一日を通して充実した時間を過ごせます。